2020年3月25日水曜日

3月25日


こんにちは(*^_^*)
立春過ぎ日に日に昼間の時間が長く、桜も開花❀春本番です。

探偵シリーズバックナンバーより~
偽りの『離婚協議書』②」

 【28 歳の看護師の女性。交際している彼のこと。看護学校3年生の時、合コンで出会った8歳年上の男性と交際して8年。看護師となって3年は寮に住み、彼とはなかなか会えなかったが、時間を工夫しながら交際を続けてきた。4年目に寮を出て一人暮らしを始めたが、彼が泊まっていくことは一切ない。理由は、「県西に住む両親の体調が悪く泊まれない。いずれ施設に入居させることになるから、会社を終わってから、清掃会社でバイトをしている」。それを信じ夜の連絡も控え、デート費用もすべて負担していた。そして、ファミレスで食事をしているとき、席を外した隙にテーブルに置かれていた彼の長財布を開き、運転免許証をスマホで撮影した。その住所は実家であるはずの県西とはまったく反対方向の県東。その住所を友達と見に行く。一軒家だった。友達が発した「結婚してるんじゃないの?」に動揺した。次のデートの日、「結婚しているのは分かっています」と席を立つ。涙が止まらなかった。10 日後、その彼がもう一度会いたいと。そして見せられたのは「離婚協議書」だった。うれしかった。それから4年。彼に結婚したいと告げたが
 深夜、彼の免許証の住所の家に向かう。150坪ほどある大きな敷地で、車が4台止められている。依頼人の情報にあった彼の車も止まっている。朝7時過ぎ、60 代の女性とその彼が玄関から出てきた。彼の手にはお弁当と携帯用のポット。向かった先は工業団地内にある工場。そこは依頼人が彼から聞いていた勤務先だった。夕方、仕事上がりの彼を尾行すると、向かった先はパチンコ店。2時間ほどで帰宅。清掃会社へのバイトはうそ。次の日曜日に再び張り込む。11 時ごろその彼と連れ立って20 代の女性が出てきた。向かった先はリサイクルショップ。
 探偵も潜入させ何を探しているのかを探る。するとベビーカー等、赤ちゃん用品ばかりを見ていた。無線でその様子を出入り口を見張る別の探偵に報告。その探偵は一瞬を見逃さなかった。それは、女性が自分のおなかを擦った瞬間と彼がおなかに手を当てた瞬間だった。その後も調査を継続。すると彼の偽りが明らかになる。離婚はうそ。60 代の女性は妻の母親。彼はいわゆる「マスオ」さんで、他に妻の父親と妹と同居していることが判明。妻は妊娠4カ月である事実もつかんだ。
 つらい報告になった。依頼人のおえつはしばらく続いた。そして意を決したように、顔を上げた。「踏ん切りがついた」と。好きゆえに疑いを持ちながらも付き合ってしまった自分も悪いと。その依頼人を見送るとき、1日でも早く笑顔が戻ってくることを願わずにはいられなかった。
 (前回はホームページをご覧ください)
 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

探偵選びのワンポイントアドバイス
【有料で自作自演のサイトを作成して、自社を「ランキング1 位」に評価し、他の探偵社を勝手に順位付けをする】
・ネット上での巧みな宣伝文句に惑わされることなく、必ず自分の目で信頼できる探偵かどうかを見極めてください。

2020年3月16日月曜日

3月16日

探偵シリーズバックナンバーより~

「偽りの『離婚協議書』①」

 2年前に夫の浮気調査をした女性が、28歳になる妹を伴って相談に訪れた。内容は妹と交際している男性のこと。妹が看護学校の3年生の時、合コンで知り合った8歳年上の男性だった。妹は地味で真面目でおとなしいタイプ、合コンには興味がなかったが人数合わせのため出席した。
 妹が小学6年の時、両親は離婚。家を出て母親と姉と妹とアパートに移り住んだ。母親が昼・夜働き生活を支えた。ことあるごとに自分の過去を悔やんでいる母に「女も自立できないとだめ。結婚しても夫に経済的に依存してしまうと、遠慮が遠慮を生み結果的に夫の顔色を気にするようになってしまうから」と言われ続けてきた。母親は看護師になることを勧め、姉妹とも看護師になることができた。姉は看護師をしていたおかげで調査費用も出せたし、女癖の悪い夫と離婚できましたと自嘲する。
 妹が先日、姉に初めてその男性のことを話してきたという。姉に促された妹が、そのいきさつを話し始める。その男性は初めて交際した人で、8年交際している。看護師となって3年は、病棟の看護師として寮に住み仕事を覚えるのに必死で、休日も会社員の彼とはなかなか会えなかったが、少しの時間をつくりながら交際をしてきた。4 年目に寮を出て、一人暮らしを始めたが、彼が泊まっていくことは一切ない。その理由は「県西に住む両親の体調が悪く、泊まれない。いずれ施設に入居させることになるから、会社を終わってから清掃会社でバイトをしている」とのこと。それを信じ、夜の連絡も控え食事代などのデート費用もすべて負担していた。
 そして、あるデートの日、ファミレスで食事をしている時にちょっと電話をしてくると彼が席を外した。罪悪感に苛まれながらも、無造作にテーブルに置かれていた彼の長財布を開き、運転免許証をスマホで撮影した。その住所は、聞かされていた所とはまったく反対方向の県東だった。でも、彼のことが大好きで、追及することはできなかった。
 しかし、不安は高まるばかり。意を決し、平日の昼にその住所を友達と見に行った。一軒家だった。友達が発した何気ない一言、「結婚してるんじゃないの?」にひどく動揺した。次のデートの日、その友達に付き添ってもらい「結婚しているのは分かっています。別れます」とカマをかけ別れた。傷心の日々が続く。本当に好きだった。10 日後、彼がもう一度会いたいと。そして見せられたのは「離婚協議書」だった。うれしかった。それから4年。彼に結婚したいと告げた。しかし、期待していた言葉は返ってこなかった。もしかしたら、離婚は嘘? 真実を知るのが怖い。姉の後押しもあり調査をすることに。
 (次回に続く)
  *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

探偵選びのワンポイントアドバイス
【有料で自作自演のサイトを作成して、自社を「ランキング1 位」に評価し、他の探偵社を勝手に順位付けをする】
・ネット上での巧みな宣伝文句に惑わされることなく、必ず自分の目で信頼できる探偵かどうかを見極めてください。

2020年3月9日月曜日

3月9日

探偵シリーズ バックナンバーから~

「偽りの出張…妻が目にした1 枚のカードの真実



 【40 代の妻の相談。夫は都内へ新幹線通勤している重機メーカーの研究職。妻と知り合ったのは夫が大学院の研究生、 妻が看護師として都内の病院に勤務している時、友人の紹介で知り合い結婚。現在は妻の故郷である栃木県内に母親と7 歳になる娘と4 人で暮らしている。妻が夫の行動に疑念を抱いたのは、夫のバッグの底に「消費者金融のカード」を見つけたことと土日を挟んでの出張も多くなったこと。妻の母親の、「何もなければそれが一番」との後押しで調査をすることに。土日を挟んで北陸の工場へ出張という日に尾行。夫がみどりの窓口に並ぶ。探偵たちもその後ろに並び夫の行先を把握すると、行先は北陸ではなく大阪までの新幹線の切符を購入。車内で夫は書籍を広げて独り言をつぶやき、スマホを手に取ることもない。東京駅での乗り換えにも誰とも合流することなく大阪行き新幹線へ乗車した。夫がトイレのために席を離れた時、座席の上に置かれた書籍を確認した。それは、これからの行動を想定するための大きな手掛かりとなるものだった】

 座席に置かれていた書籍は、ある宗教団体の教本のようなもの。その団体の施設をネットで調べると、大阪にはその施設が3 カ所あることが判明。その中でも「道場」として宿泊で修練する場所は、1 カ所に絞り込まれた。夫はその施設に行くと推理して、探偵の1 人を大阪駅で降車してから先行させその施設に向かわせる。大阪駅で降車した夫は、ある消費者金融のATMに立ち寄りお金を引き出した後、ファストフード店で食事。その後推理通りのルートで施設方面へ向かい施設の最寄り駅で降車。ちょうどそのころ、その施設に先回りさせた探偵から連絡が入り、既に50 人以上の信者が集まってきているという。探偵をにわか信者に装わせ、中に潜入させることに成功した。案の定、夫もその施設に入った。それから約1 時間後、潜入させた探偵が施設から出て来た。

 夫は、「浄財〇〇〇」と案内が掲げられた学校の体育館の半分ほどの広さの場所へ入ったという。そこには書籍をはじめ、数珠、置物等、数十点の品々が展示されており、夫は数珠をはじめお札のような小物と、壺のような置物など6 点ほどを購入。潜入した探偵が確認できただけでも、十数万の支払いをしていたという。そして道場内に入った。

 後日報告。妻は言葉を失ってしまった。その事情を聴くと、宗教団体こそ違うものの、以前従姉が熱心な信者となってしまい、その活動のために家事育児も疎かになり、家庭崩壊をしたという事実があり嫌悪感があるという。「女遊びのほうがまだましかも…」と深刻な面持ちで事務所を後にした。

 (前回はホームページをご覧下さい)

 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。



【有料で自作自演のサイトを作成して、自社を「ランキング1 位」に評価し、他の探偵社を勝手に順位付けをする】

探偵選びのワンポイントアドバイス?ネット上での巧みな宣伝文句に惑わされることなく、必ず自分の目で信頼できる探偵かどうかを見極めてください。

2020年3月6日金曜日

3月6日




探偵シリーズ バックナンバーから~




「偽りの出張…妻が目にした1 枚のカードの真実

 県内に住む40 代の妻が相談に来た。内容は夫の不貞??? 疑惑。夫は妻よりも6歳年下で、都内へ新幹線通勤している重機メーカーの研究職。夫が大学院の研究生、妻が看護師として都内の病院に勤務している時、友人の紹介で知り合い、4年の交際を経て結婚。妻の実家のある栃木県内に一人暮らしをしていた母親と同居するために、2 年前に家をリフォームして現在は7歳になる娘と4 人暮らし。大学院生時代、研究に明け暮れる毎日で経済的にも困窮していたこともあり、身なりもまったく構わない一見変人のような夫を、妻は生活全般に渡って支えた。夫が必死で論文に向き合う姿が何よりも好きだったという。そして、第一志望の会社に入社して順風満帆の結婚生活が始まった。妻は、近くの老人ホームの看護 師として勤務している。
 妻が、夫の行動に一抹の不安を感じたきっかけは、夫のバッグの底に、「消費者金融のカード」を見つけたこと。また、平日ではなく、土日を挟んでの出張も多くなったこと。夫はお酒も飲まずおしゃれには無頓着で、趣味と言えばもっぱら読書。社交的でもなく友達付き合いもほとんどない。結婚当初から月4 万円の小遣いも余らせてくるほどだった。妻も出張でお金が入用だから、私には言いづらくて消費者金融から借りたのだろうと、夫には追及せずに様子を見ることにしたという。一方で、妻の中で何か釈然としない思いが次第に膨らんでいった。そんな娘の様子に気づいた母親は、「探偵シリーズ」の15年来の熱心な読者でもあったことから、調査してみればとアドバイスされたという。母親いわく、何もなければそれに越したことはない。まずは真実を知ることが一番と調査を勧めてくれたという。
 調査開始。土日を含めて北陸の工場へ出張という日に調査を開始した。駅までは妻が車で送って来る。降ろした場所は打ち合わせ通り。夫はスーツに黒い大きなリュックを背負っている。みどりの窓口に並ぶ。探偵たちもその後ろに並び、会話増幅装置を耳に挟んだ探偵が、夫の行先を把握する。すると、行先は妻に伝えておいた北陸ではなく、大阪までの新幹線の切符を購入したのである。すぐさま妻に連絡して、大阪までの尾行の了解を得る。夫はまったく警戒する様子もなく、書籍を広げて、独り言をつぶやきながら、時折、瞑想(めいそう)するなど、スマホを手に取ることもない。東京駅での乗り換えにも誰とも合流することなく大阪行き新幹線へ乗車した。そして、夫がトイレのために席を離れた時、座席の上に置かれた書籍を確認した。それは、仕事の専門書ではなく、これからの行動を想定するための大きな手掛かりとなるものだった。
 (次回に続く)
 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

2020年2月25日火曜日

2/25


探偵シリーズ バックナンバーから~

「夫の二度目の裏切り…妻の決断②」

 【8年前に弁護士の紹介で夫の浮気調査をしている40 代のリピーター。当時の調査結果は、30 代の既婚女性との不貞をしていた。子どもも高校生で離婚には踏み切れず、弊社がボディーガードとして立ち会い、妻が女性に会って身を引かせたという結末がある。夫には極秘裏に進めた。妻は子どものため、生活のために平然を装い生活を続けて来たものの、今では子どもたちも家を出てしまい、夫との彩りのない生活を続けている。時折、寂寞(せきばく)とした思いに駆られてしまう。そんな時、妻の親友がアウトレットモールで、夫が同年代の女性といるところを目撃した。今度は不貞の証拠をつかんで離婚したい。調査5日目、自宅を出た夫は、会社には立ち寄っただけで、そのまま車を走らせ、2階建てのアパートの一室に入る。普段着に着替えて車で向かった先はホームセンター。飲料類等をケース買いして再びアパートへ。そのまま張り込みを続けること7時間。午後5時30 分を廻った時、アパートの駐車場に車が止まった。一人の女性がスーパーのレジ袋を片手に、夫のいる部屋に消えた
 驚愕(きょうがく)の事実が判明した。妻から預かった社員の集合写真に写る2人の女性社員のうちの1人だった。それは妻が疑っていた女性とは別の女性。当初、この女性はありえないと妻は言っていたことを思い出す。その女性は夫よりも年上の50 代半ばで、どこにでもいる地味なタイプだったからだ。調査を続けると、女性はそのアパートに住み、夫は泊りはしないものの昼夜を問わずに頻繁に出入り。休日も二人で出掛け、県外の時は決まって手をつなぎ腰に手をまわす。調査中その部屋を見渡せる高台から、夫が下着でいる場面や電灯が2時間ほど消える場面、2階から手を振る女性の姿など不貞としての証拠を捉えた。
 妻の要望により女性の素性等の調査をすると、そのアパートの名義、光熱費もすべて会社になっている。女性は夫が工具メーカーに勤務していた時に別の部署で働いていて結婚歴はない。夫が5年前にその工具メーカーの代理店として独立し、2年前に女性に声をかけ社員として雇用したということが判明した。
 報告の日、妻は都内で会社員をしている息子と来た。息子は父の母に対する冷たさや、家族に対する金銭の締め付け、それでいて自分だけはゴルフ、酒に興じる自己中心的な父に対して強い反感を持っていたから、家を出て都内で就職したと。「絶対に父を許しません。きちんとけじめをつけさせて、両親が離婚したら栃木に戻って母と暮らします」と優しいまなざしで話してくれた。息子の優しさに妻の眼から涙があふれた。
 
 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

2020年2月19日水曜日

2月19日

こんにちは(*^_^*)
今日は水曜日・・2/19・下野新聞アスポに最新版掲載!
「探偵シリーズ」326「素人探偵に騙された妻の決断①」




探偵シリーズ バックナンバーから


「夫の二度目の裏切り…妻の決断①」

 8 月某日、40 代の女性が相談に来た。実はこの女性、8 年前に弁護士の紹介で夫の浮気調査をしたリピーター。その時は、夫が半年間関係を持っていた既婚の30 代の女性との証拠をつかんだ。当時は下の子どもが高校入学したばかりで離婚には踏み切れず、妻がその浮気相手と会いたいとの強い意志から、弊社がボディーガードとして立ち合い、女性が謝罪して身を引いたことから大事にはせずに決着した。もちろんこのことは夫には極秘裏に進め、話し合ったことは知らない。妻は子どものため、生活のために平静を装い生活を続けて来た。
 いざという時のために、少しでも経済的に自立をしないといけないとの弁護士のアドバイスもあり、フルタイムの仕事を続けて来た。今では子供たちも独立し、夫との彩りのない生活を続けているにすぎない。夫は休日でも、ゴルフにお酒にと自由を謳(おう)歌。時折、寂寞(せきばく)とした思いに駆られてしまうと話した。そんな生活が続いている時、妻の親友が隣県にあるアウトレットモールで、夫が同年代の女性といるところを目にしたという。その話を聴いてもなぜか不思議と怒りは湧いてこなかった。むしろ、今度こそ不貞の証拠をつかんで少しでも有利な条件で離婚し、これから自分の人生を生きていきたい、と話してくれた。夫は5 年前に工具メーカーを退職して現在はそのメーカーの代理店を営んでいる。夫のほかに男性社員1 人と女性スタッフ2 人がいる。妻は調査方針の打ち合わせの中で、有益な情報として、社員全員の集合写真を見せた。そこに写る一人の女性スタッフが怪しいと言い切る。
 調査開始。夫はほぼ1 日おきにその疑わしき女性スタッフと外出するが、営業先の顧客を回るだけで、特に怪しい行動はない。一度しゃれたレストランでランチをとるが、それ以上の怪しい行動はなく、その女性も退社後はきちんと家庭に帰っている。調査する探偵も「不倫しているという空気はまとっていない」と感じると報告した。依頼人の情報を遮断して夫の尾行に専念する。すると、調査5 日目のこと。自宅を出た夫は会社に立ち寄ったが、すぐに出て来た。15 分ほど車を走らせ、行き着いた先はある住宅街の奥にひっそりとたたずむ築30 年は経とうかと思しき2 階建てのアパートだった。鍵を開け部屋に入る。すると普段着に着替えて出てきた。車で向かった先はホームセンター。家庭用雑貨や飲料類をケース買いして再びアパートへ。そのまま張り込みを続けること7時間。午後5 時半をまわった時、アパートの駐車場に1 台の車が止まった。同年代の女性が、スーパーのレジ袋を片手に夫のいる部屋に消えた
 (次回に続く)
 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

2020年2月14日金曜日

2月14日


「娘の婚約者…嘘つき男②」

 【GK と懇意にする弁護士が妹の50 代後半の女性を伴って来た。妹の娘つまり姪の婚約者について。その娘は30 代前半。大の父親っ子で誰よりも父親が優先。その父親が仕事中に亡くなる。くも膜下出血だった。8年前のこと。娘の気落ちは半端なものではなく、拒食症になり心身が病み、勤務先を退職。それから1 年、家族や医療機関などの支援により、なんとか立ち直って、30 歳を前にして看護学校に入学した。そこで友達に誘われたクラブに通いつめ、3 年の時にクラブで知り合った男性と結婚の約束をしたのでと、家に連れて来ることに。母親は、弁護士である兄を同席。その彼氏は、超イケメンですべてにおいてそつがない。出来すぎていると二人は不信感を抱く。娘はこれまで交際経験もなく、きれいというタイプではない。拒食症の反動もあり、現在は70㌔を超えている。彼氏はWEB 関係の事務所を開設したばかりだと名刺を差し出した。娘の様子を見ていると頭ごなしには反対もできない
 まず、彼氏の名刺の住所にある「事務所」を探る。そこは3 階建てアパート。玄関先には不自然なまでの防犯カメラが設置してあり、別の会社らしき名前になっている。人の出入りもなく会社の実態はない。次に探ったのは彼の家。彼は両親は幼いときに離婚し、育ててくれた母は中学の時にがんで他界してた。現在は母方の祖母と暮らしていると聞かされているだけで、娘も行ったことはない。
 彼の車が娘のアパートにある日の深夜に張り込み、朝方彼が出て来てから尾行する。行き着いた先は貸し家。それから30 分ほどして娘と同年代とおぼしき派手に髪を染めた女性がごみ捨てに出て来た。さらに張り込むこと5 時間。今度は小学校高学年と思われる女の子と彼と女性の3 人で出て来た。向かった先はショッピングモール。食事をした後、飲食店が軒を連ねる場所で女性が1 軒のスナックに入っていった。
 その後も調査を継続して出た結果は、彼の嘘(うそ)偽りだらけの現実だった。両親が離婚したのは事実だが、母親が死んだというのも祖母と同居しているというのも嘘。現在はスナックに勤務する女性とその連れ子と生活し、全く働いているといった実態はない。過去に逮捕歴があることも判明。
 後日報告。母親は予に反して、さほどこの調査結果に驚いてはいなかった。それは、初めて聞く事実だったが亡くなった父親が娘のためにと残しておいた預金の解約通知が実家に届いていたからだった。たぶん、娘はすべて貢いでいたのだろうと。この真実を突きつけ娘が別れないと言ったら、勘当するだけですと、母親の眼には覚悟を決めた強さがあった。
 (前回はホームページをご覧下さい) 
 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。