2020年11月20日金曜日

11月20日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 

 「同情に始まり暴力という恐怖に支配された妻…①

 

 弁護士事務所からの紹介でGKを訪れた20代後半の妻とその両親。3歳と1歳の子がいる。夫は、ひと回り年上のディーラーの営業マン。見かけも、人当たりもよく、営業成績もトップクラスで上司の評判も高いが、私生活は荒れていた。離婚歴もある。結婚するまで、彼女(妻)は、彼(夫)と同じ職場だった。その当時、自分の顧客の女性と不倫していたことは社内に知れ渡っており、その不倫関係が発端となって、先妻と離婚した。

 当時、彼女は彼の営業補助的な仕事をしていたので、彼の顧客や行動範囲などもある程度把握していた。もちろん、不倫相手の氏名・住所まで分かっていた。離婚後もその女との関係が続いていたことも知っていた。彼女は、部下として仕事をしていればと思い何ら気に留めることもなかったが、ある日を境に、彼の覇気が消えうせてきた。

 それが気になって言葉をかけると、食事に誘われるように。彼女は、ただ義務的な感覚で食事につきあっていたが、彼は身の上話をするようになっていった。両親は既に他界し、兄弟仲も悪く、一人娘は元妻が連れて行き、会うこともかなわない。天涯孤独の身だと目を潤ませた。

 バリバリの営業マンという姿しか見たことのない彼女は、あまりのギャップにほだされ、同情してしまったと後悔する。結局はその不倫相手とも別れた。それからというもの、彼のことが気になってしかたがない。「恋、いやそれは違う。かわいそうな身の上に同情しただけ」と自分に言い聞かせて仕事をした。しかし、深い関係になるには時間はかからなかった…。

 そして、情に身を任せた一時的な感情の成り行きと、恋人でもない関係が半年を過ぎたころ、妊娠してしまった。結婚などまったく考えていなかった彼女は、おなかの子どもに自責の念があるものの、当然、中絶手術をするものだと思って彼に告白したが、思いもかけない展開になった。彼は、「結婚しよう。子どもを産んで温かい家庭をつくろう」と。そして、彼女は退社して籍を入れた。

 それから3年、平穏な時間が流れていく。このまま穏やかな生活が続くものだと思っていた…。次第に夫の行動に変化がおきていく。それまで、どんなに遅くても必ず帰宅していたのに、飲み会のあと車で寝たとか、休日のゴルフが多くなったり、子どもと過ごす時間もなくなっていく。そんな状態が半年続いたが、妻は夫を問い詰めることはしなかった。理由は、1年前に家族のためにと数千万のローンを組んで家を購入してくれたこと。そこまでしたのに、家庭を壊すことはないと妻は確信していたからだ。しかし、それを放任したことが後に取り返しのつかない状況に陥ることになっていく…。

 (次回に続く)

2020年11月13日金曜日

11月13日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 

「家出少女を捜せ!『神待ちサイト』

 

 手掛かりはないのか…と諦めかけていた時、衣装ダンスの籠の中にA社の「多機能携帯音楽プレーヤー」の空き箱を見つけた(前回より)

 親に確認すると、これは娘に言われて誕生日にプレゼントとしたものだ。親は、この「多機能携帯音楽プレーヤー」が音楽やゲームしかできないものだと思っていたという。しかし、Wifiがあるところなら、インターネットもメールもできる。そのことを伝えると、驚きを隠さなかった。また、この機種のメール履歴やアドレス帳は、ID・パスワードが分かればパソコンからもアクセスが可能なのだ。しかし、ID・パスワードを変えてしまうと、本人が使えなくなってしまう。できる限りそれは避けたい。三日三晩、娘が置いていった携帯電話や家の共用パソコン等を解析し、ついにID・パスワードをヒットさせアクセスすることができた。しかし、そこには驚愕(きょうがく)の事実が。

 少女は、俗にいう「神待ちサイト」といわれる、家出したい女子中高校生を募集しているサイトに「家出したいので~。誰か~」というような内容を載せていた。全国各地の20人以上の男とのやり取りがなされていたが、その大半は買春目的のもので、そのたぐいの男たちとのメールは全て遮断していた。浮上したのが、家出直前までやりとりを継続していた東北地方に住む、自称35歳の自営業の男だった。

 この男とは写真まで交換し合っている。そこには、犯罪であることを認識していながら、家出の手順や注意事項まで指示していた。そして、失踪当日の朝7時20分「もうすぐ着くよ!」とのやり取りが最後だった。限られた情報の中でこの男を調査すると、いろんなサイトに「家政婦募集!  若い子希望!」などという怪しげな掲示をしていた常習者であることが判明。間違いなく、この男のところにいる。一刻も早く少女を保護しなくてはならない。身体の安全が最優先だ。すぐさま東北に飛んだ。

 地元の警察に事情を説明したところ、幸い我々の調査内容が「刑法224条」の証拠になる、つまり事件性があると判断してくれたことで協力を取り付けることができた。それから3日後、少女を無事保護することができた。◆刑法224条(抜粋)◆未成年者を略取し、又は誘拐した者は、3月以上7年以下の懲役に処する。【未成年略取・誘拐罪について】未成年者を保護されている環境から離し、犯人又は第三者の支配下に置くことで成立する。

 未成年誘拐罪は、だましたり、誘惑して自分から従うようしむけて支配下に置いたときに成立する罪。ネット社会に潜む危険な現実。この現実から目をそむけることはできないのだ。

 (前回はホームページをご覧ください)

 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

 


2020年11月9日月曜日

11月9日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 

「家出少女を捜せ!『神待ちサイト』

 

 【さまざまな報道によると、見知らぬ人と交流できる「サイト」を利用して、事件に巻き込まれる18歳未満の少女が増えているという。特に、「神待ちサイト」と呼ばれるものは、家出したい、また、家出している少女を狙っているものだ。警察庁のまとめでは、今年半年に保護した人数は昨年より約90人多い600人。犯罪種別では、淫行など青少年保護育成条例違反が50件増の約400件、児童買春が約90件増の200件超となっている】

 7月の中旬、隣県に住む夫婦が相談に来た。高校2年生の二女が家出をして行方が分からないという。少女の写真の印象は、非行とは無縁な地味で真面目を絵に描いたような少女だった。警察に届けたが事件性はないとして真剣には向き合ってくれないと憤る。それもそのはずだった。話を手繰り寄せていくと、5月にも家出をしていた。その時は、5日で帰宅し娘を連れて警察に説明に行った際、かたくなに口を閉ざし、一切口を開くことがなかった。つまり、「家出の常習」「警察に対して非協力的」と位置づけされてしまったのだろう。さらには、家出・失踪も年間約10万件もの届出がある。警察も動ききれないのが現状だ。

 ここで肝心なことは、家出の背景を把握することだ。両親は、親友とのとのいさかいしか思いつかないと頭をひねるが、話を聞く中で少女の痛みも少なからず見えてきた。

 両親は、共に大学で教べんを取る厳格な教育者。一回り年の離れた兄(長男)は勤務医。9歳上の姉(長女)は歯科医という家庭。少女本人も県内トップクラスの女子高に入学したものの、両親は無意識のうちに兄姉と比較してしまい、少女は心に傷を重ねていたのだろう。ちまたでは、女子高生に関わる事件が後を絶たない。何としても探し出し無事に保護すること。それが我々に課された使命だった。

 7月の初め。学校へ行くといつも通り最寄り駅まで自転車で家を出た後、消息を絶った。自転車は駐輪場に置かれたまま。携帯は部屋に置かれていた。所持金は1万円。部屋を探索するが、目ぼしいものは出てこない。手紙や雑誌のひとつもなく、あるのは参考書の類いばかり。勉学に励む真面目な少女という背景しか見えてこない。

 手掛かりはないのか…とあきらめかけていた時、衣装ダンスの籠の中に、A社の多機能携帯音楽プレーヤーの透明なアクリル製の空き箱を見つけた。これが重要な手掛かりになると確信する。

 我々GKは、これまでテレビ番組の人捜しで名をはせた探偵。プライドにかけて少女を見つけ出すと誓った…。しかし、見えてきたのはネット社会の弊害、いや功罪ともいえる現実だった…。

 (次回に続く)

 *本文は依頼人の了承を得てプライバシーに配慮しています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

2020年11月6日金曜日

11月6日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 

「極悪妻…許しがたき悪行②」

 

 【埼玉県A 市に住む33 歳夫。内容は妻の不倫。タンスの奥に、派手な下着が隠されていた。妻の行動が怪しい思い始めた矢先、「離婚したい」と言われた。夫は自宅内にIC レコーダーを仕掛けた。驚くべき事実が判明。不倫相手の子を妊娠していた。6 週目で、不正出血があり一緒に婦人科に行くという。夫婦には3歳と1歳を過ぎたばかりの2 人の娘がいる。ICレコーダーを確認すると、妻は自分も離婚する事や相手の男性に離婚を迫っている事、子供を産むという強硬な態度が見て取れ、男性はことが発覚することを相当恐れている。一緒に産婦人科に行くという平日に調査。男性が迎えに来た。着いた先は車で30 分ほどのレディースクリニックだった

 男性と妻が連れ立って院内へ入る。探偵も潜入し様子を伺うと、男性も一緒に診察室に入った。夫に状況を説明する。なんとこのレディースクリニックは、娘2人を出産したところだった。この信じがたき行動に、夫は言葉を失ってしまった。診察が終わり、待合で妻は男性とともにエコー写真を見ている。流産したわけではなかった。2人は、クリニックを出て大型ショッピングモールへ立ち寄り、食事の後、駐車場の奥まった場所で2時間ほど車内にいた。前後に調査車両を配置して車内の様子を伺い証拠映像をとる。2人は抱き合い、キスを何度も繰り返している。そして、保育園の迎えに間に合う時間帯に妻をアパート前で降ろした。

 その後、男の尾行に切り替える。男の家を判明させ素性を明らかにしなくてはならない。行きついたのは隣県の農村地帯にある比較的大きな農家。本宅と新宅が同じ敷地内に建っている。男の帰りを待っていたかのように、夏休みで自宅にいた小学生低学年の女の子が駆け寄り抱きつく。名前を調べ夫に報告。そこには驚きの事実が隠されていた。男の家は妻の実家と同じ組内で、しかも親戚同様の付き合いをしている家。妻の相手は35歳の長男で地元役所の公務員。夫と妻の結婚式にはその父親も出席していたという。 夫が言うには、地元では歴史のあるお囃子(はやし)の時、妻が子供を連れて3日ほど帰省した。IC レコーダーにあった6週目、この帰省時期と重なる。あまりのできことに、夫は電話口でおえつしていた。

 その後も調査が続いた。妻は離婚してくれないと子供を産む、男はおろしてほしい…。妻の強硬な態度に男はへきえきしている。妻の要求に仕方なく応じるように、足しげく男は妻の元へと通い密会を繰り返している。夫はどうしていいのか冷静に判断できない。現在はGKのカウンセラーとともに、夫とその両親を交えて最善策を模索している。

 (前回はホームページをご覧ください)

 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

 

2020年11月4日水曜日

11月4日





 探偵シリーズバックナンバーより~

「極悪妻…許しがたき悪行①」

 

 8月某日、午前1時の電話。埼玉県A市に住む33 歳夫からの悲痛な相談。内容は妻の不倫。今年4月に仕事に復帰してから、夜の外出が増え常にスマホ持ち歩きロックをかけている。タンスの奥には、派手な下着が隠されていた。また、何かにつけてけんかを仕掛けて来るような言動が多くなり、妻の行動が怪しいと思い始めた矢先の1週間ほど前、唐突に「離婚したい」と言われたという。

 夫は、罪悪感を抱きながらも、自宅内にICレコーダーを仕掛けた。そして驚くべき事実が判明した。それは不倫相手の子を妊娠して6週目だということ。不正出血があり一緒に婦人科に行くという。夫婦には3歳と1歳を過ぎたばかりの2人の女の子がいる。夫はレントゲン技師、妻は臨床心理士で病院に勤務していた時に知り合い結婚した。妻は隣県の出身。

 夫とは翌日に面談した。目鼻立ちが整ったいわゆるイケメン。礼儀正しく優しさがにじみ出ている好青年。写真の妻も容姿端麗、女優・アナウンサー並みといっても過言ではない。夫がIC レコーダーに録ったものを確認すると、妻が相手の男性に離婚を迫っている事や子供を産むという強硬な態度が見て取れた。男性がへきえきしている様子や、ことが発覚するのを相当恐れているのが分かる。つまり、妻は妻子のある男性と不倫したあげく妊娠し、その男性に離婚を迫り、子供は産むというやり取りが記録されていた。話をする夫の涙が止むことはなかった。夫の心の痛みは計り知れない。その痛みを享受し調査が始まった。

 一緒に産婦人科に行くという日、夫は予定どおり8時に自転車でアパートを出る。それから15 分後、妻は子供2人を保育園に送り9時前に帰宅。夫の話では、近くのスーパーの2階の駐車場へ男が迎えに来るとのことだったため、そこにも探偵を張り込ませ尾行に備える。すると、予想に反して1030分、アパートの駐車場に他県ナンバーの車が停車した。この車が怪しいと思ったとたん、化粧を施しワンピースに身を包んだ妻が助手席に乗り込んだ。男が相当警戒の目を向けて来ることを想定し、車2台とバイクで慎重に尾行する。最も注意を要するのは、信号で停車した時にすぐ後ろにつかないことと、信号の変わりばなに見逃さないことだ。

 車は国道に出た後、渋滞を回避するため住宅街のわき道をすり抜けていく。行き着いた先は、車で30 分ほどのレディースクリニックだった。妻だけがクリニックの扉をくぐる。すぐさま出てきて、再び車に乗り込み発進。受付を済ませたのか。その後、近くのコーヒー店に入った。夫から電話が入り一通り行動を説明する。そこには驚がくの事実が。このクリニックは

 (次回に続く) 

 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

2020年10月30日金曜日

10月30日


 

偵シリーズバックナンバーより~

 

「出張する妻を追え!

 

 夫の肌を忌避するようになった妻の浮気を疑い始めた。妻は薬剤師で、同業で組織するボランティア団体の役員として月に1、2回各地に出張する。妻の不在時に見たクローゼットの奥にひっそりとあった派手な下着。嫉妬に震えた。その妻が来週末名古屋へ出張する…。(前回より)

 調査当日。依頼人の夫が出勤してから1時間後、自宅にタクシーが横付けされた。O駅で降り、新幹線ホームへ向かう。東京駅で乗り換え、名古屋駅に降り立ち、会議の会場となるホテルに。既に60人ほどが集まっている。会場のドアが視認できるソファで見張る。

 3時間の会議中、妻は一度も会議室から出てこなかった。隣の会場で懇親会がある。会議が終わり一斉に参加者が出てくる。妻は懇親会に参加することなく会場を後にした。妻はタクシーを拾い、名古屋城に近い有名なホテルで降りた。チェックインをしてカードキーを受け取る。妻の部屋を特定できるかどうかが、この調査の成功の鍵を握る。

 人も多く尾行することは難しくなかったものの、ポーターが妻の荷物を持ち、エレベーターに同乗したことは予想外だった。従業員は、犯罪の未然防止のための防犯教育を受けているからだ。あからさまに警戒の目を向けてくることはないが、細心の注意を払わなくてはならない。

 後から同乗した探偵は、ポーターから階数を聞かれた。ランプが点灯しているのは、10階と14階の2つ。エレベーター内には、妻とカップル1組と探偵一人。とっさに14階と告げた。10階で降りないことをひたすら祈る。しかし、妻は10階で降りる気配。不審がられずに、妻とポーターとともに10階で降りなければ部屋の特定が困難になる。

 そして10階で止まった瞬間、探偵は携帯電話のフェイク着信(実際に電話はかかってきていないが、着信音を鳴らすこと)を作動させ、迷惑のかからないようにと、うまく10階で降り、部屋を特定した。

 内偵の結果、妻の宿泊する部屋はキングサイズのダブルの部屋だった。ロビーで待機する探偵に、部屋の出入りの映像を抑えるために適した部屋番号を伝えて、宿泊可能か確認させる。もちろん、不審がられず予約するために、「亡き妻との思い出の部屋…」というシナリオでアプローチした。幸い、その部屋がとれた。そして、約1時間後…。会場で見かけた50代後半の紳士然とした男性が部屋の中に消えた。明日も会議がある。会議終了後は、男の尾行に切り替えその素性を暴く。仕事とはいえ夫の気持ちを思うと、その現場には殺伐とした空気が流れた

 (前回はホームページをご覧ください)

 *本文は依頼人の了承を得てプライバシーに配慮しています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

 

2020年10月26日月曜日

10月26日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 

「出張する妻を追え!

 

 相談内容は、妻の浮気疑惑。県南から来た夫は勤務医、妻は大手ファーマシーの薬剤師をしている。夫は医師というより、真面目さを絵にかいたような地味な公務員という風体にしか見えない。

 妻は、内向的な学者肌の夫とは対照的で、薬剤師の傍ら薬剤師で組織するボランティア団体の役員として活動している。月に1、2回の出張は北海道から九州まで全国各地にわたる。

 夫は、1年半ほど前から妻の浮気(不貞)を疑うようになった。振り返れば、一人息子が医学部に合格して家を離れた時期と合致する。夫婦の世界に突如として現れたエアーポケットのような空間。ふと気が付くと、これまでの会話は息子に関することばかりだった。息子の存在そのものがこの家庭の支柱のような役割を為していたと気付いた。

 勤務時間の不規則な夫ではなく、息子の塾の送迎から学校行事など何から何まで妻が関わってきた。いざ二人きりになると、会話がない。夫は酒も飲めず趣味もない。医者だからといって女性にもてるというような世間一般の印象などは偶像にすぎないと自分をどこか卑下していた。

 夫は妻を愛していた。夫には現在も過去も、妻が唯一無二の女性だった。夫婦間に次第に生じてくる隙間。どうしていいか分からない夫は、そのもどかしさにいら立ちを覚えてしまう。そのいら立ちが何かのまるで布石のように、1年ほど前から妻が夫の肌を忌避するようになった。触れられたくないというような雰囲気が広がり、結局、寝室も別々となった。

 夫が妻の写真をおもむろに出してきた。息をのむとはこういう感覚なのだろうか?

 3年前の写真というが、その透明感のある美しさと漂う品格に驚いた。とても45歳とは信じられない。誰しもが、この妻を美人というに違いない。写真を見せた夫には、誰しもが「きれいな方ですね」という言葉を発することを心得ている優越感のようなものが見て取れた。

 その妻が来週末、ボランティア団体の役員会のため、1泊で名古屋に行くという。その日から調査してほしいというものだった。調査の決断は、妻の不在時に見たクローゼットの奥にひっそりと隠れるようにあった目にしたこともないような、数枚の派手な下着。嫉妬に体が震えた。愛していたからこそ、夫の心は苦痛から激痛になった。相談に訪れた時の真面目な夫の姿は、嫉妬に苦しむただの男になった。

 「真実を知ること」これが最後に残された男としての自尊心だった。調査当日。妻の艶やかな化粧と華やかないでたちは、この後に起こりうる現実を想起させるには十分だった…。

 (次回に続く)

 *本文は依頼人の了承を得てプライバシーに配慮しています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。