2013年11月20日水曜日

夢と希望

こんにちは

朝、窓を開けると吐く息が白く
寒さを感じるようになりました。
今年も冬の足音が聞こえてきました・・・

年齢を重ねていくと夢や希望を
持ち続ける気持ちを忘れてしまいがちです。
確かに体力、思考力が低下して、
実際思うようにならないこと、
少しのことでイライラしてしまうことが
増えてきたなぁ・・・と、感じます(+o+)

人は自分や他の人のために
+(プラス)のことも
-(マイナス)のことも言う。
口から言う。
「吐く」という字は
口と±(プラスマイナス)からできている。
だけど苦しいときや夢や希望がある時に
マイナスな事を言わないでみよう。すると
マイナスが無くなって
「叶う」という字ができる
マイナスなことを口から言わなければ
夢や希望は「叶う」んだ。

そう・・・
いつまでも夢や希望を持ち続けることを
忘れてはいけないと思いました。
苦しいことがあったからこそ、
夢が叶うってことも・・・
時には恨んだり憎んだりしたく
なることもあるでしょう・・・
でも自分が夢を持ち続け、
プラスでいることで明るい未来が
作れるのではではないでしょうか・・・


追伸 

 いつもアスポ「探偵シリーズ」を
ご覧いただきありがとうございます。
たくさんの方からご感想いただき、
ほんとうに感謝しています。
これからもどうぞ、よろしくおねがいします(^^)v



0 件のコメント:

コメントを投稿