Powered By Blogger

2022年1月24日月曜日

1月24日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 

「最悪の妻…妻と2人の男たち

 

 弁護士からの紹介で、「息子の嫁の素行調査をしてほしい…」とGKを訪れた60代の夫婦。息子夫婦は両親が新築した2世帯住宅で暮らし、3歳の娘がいる。半年前に息子が関西に単身赴任になった。月に1度しか帰省しない。嫁は、息子が帰省しない週末は、娘を連れて実家に帰るようになった。2世帯とはいえ、息子がいない以上、気を使うだろうと送り出していた。

 しかし、孫娘と3人で買い物に出かけた時、孫娘が、「ここ〇〇兄ちゃんとママと3人で来たことあるよ!」と思わぬ言葉を口にした。孫娘に問いただしても「ママのお友達」と。息子には心配をかけたくない、でもこのまま放置はしておけないと、息子の姉である長女に相談し一度調査をした。長女は、調査はどこでも同じだろうとある業者に依頼をした。しかし、結果がでないどころか、嫁に尾行が発覚し警察署に駆け込まれるという大失態を犯した。両親は、以前から親交のあった弁護士に相談して、 GKを紹介されたという。尾行が発覚している対象者ほど厄介なものはない。難しい調査になることは十分承知の上で、GKの威信をかけた尾行が始まった。

◆第一の男◆

 土曜日の午後。嫁は実母の体調が芳しくないと、娘を預けて一人で家を出た。化粧っ気もなく普段着のまま。嫁の車は幹線道路に出ると、実家方面である左ウインカーを点灯させたが、左車線に入る寸前で直進方向へ進路変更し、コンビニの駐車場へ入る。周りを確認するような警戒をした後、車でショッピングモールに。ここは店舗を中心として東西南北に駐車場がある。店舗近くにスペースがあるにもかかわらず、店舗から最も離れた南端に停車した。10分程して、今度は北側駐車場に向かい店舗付近に駐車。嫁が化粧をしているのがわかる。嫁は大きな手提げ袋を手に入店して化粧室に入った。着替えた妻が出てきた。車に戻り手提げ袋をしまうと、再び入店し南側出口から出て足早に黒のワンボックスの後部座席に乗り込んだ。運転席には、男性が座っているのが見て取れる。

 そこから市内中心部にあるホテルの地下駐車場へ。カップルを装った探偵は1階のフロント付近で待機。地下駐車場にいた探偵からエレベーターに乗ったと無線が入る。1階に到着すると妻は離れた場所に移動し、男だけがフロントへ。別の探偵が後ろに並び、部屋番号を聞き取り無線で信号を送る。信号を受けた探偵が先回りする。部屋を確認して入室の映像をとらえるべく瞬時に判断。非常口のドアを開け2㌢ほどの隙間を作る。息をひそめ録画スイッチを押す。部屋のドアを開け2人は入室した。ここまではうまくいっている。しかし、これだけでは、不貞の証拠にはならない。

 (次回に続く)

 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

 

2022年1月19日水曜日

2022.1.19

 




探偵シリーズバックナンバーより~

 

ストーカー「 警察に言えない理由」

 

 依頼人は30歳の女性。化粧品販売の店頭に立っている。気品を備えた、優しい美貌の持ち主である。しかし、相談に訪れた彼女は、化粧も台無しになるほどに涙を濡らした。「私も悪いんです」と言葉を詰まらせた。初秋に行われた中学の同窓会。全クラスが対象で70名近くは集まった。席はくじ引きで、たまたま隣り合わせた男性と意気投合した。

 彼女の夫は、県内事業所の閉鎖に伴い春から九州の事業所へ単身赴任している。同居する舅(しゅうと)・姑(しゅうとめ)に気兼ねしながら子供二人を預け仕事をする。虚しさに押しつぶされそうになる。次第に広がる「心の隙間」。同窓生の彼と会うようになるには時間はかからなかった。彼はいやな顔せずに愚痴を聴いてくれた。それだけで救われた。彼女は夫を愛していたし、絶対に深い関係にはならないと決めていた。今思えば、「魔がさした」とか言いようがないと後悔する。ある日の姑の言動が許せず、自暴自棄になり、彼女からホテルに誘った。しかし、自己嫌悪にさいなまれた彼女は、彼に別れを告げた。彼は納得できないと追いすがってきた。昼夜かまわずに携帯が鳴る。着信拒否にする。すると彼の行動は、エスカレートし、彼女の仕事先にまで姿を現すようになった。警察に相談し被害届を出そうと思ったが、お互いの家庭に不倫がばれることになったらと思うと、怖くて踏み出せなかった。

 調査開始。まず、ストーカーの証拠を撮ることが先決。仕事を終えた男を尾行する。彼女の勤務先の駐車場へ車を乗り入れ、彼女の車から死角になる絶妙の位置に駐車する。そして、トランクを開け何かを取り出す。手にしたのはビデオカメラだった。

 やがて、仕事を終えた彼女が出てきた。彼女のビデオ撮影に夢中になっている男には、まさか自分の行動が撮られているとは思わない。彼女の車が出て10分ほどで、男の車が動いた。向かった先はインターネットカフェ。時間を置き、男の部屋をのぞく。男は、ビデオで撮影した彼女をカードに編集したものをパソコンで見ていた。このパターンが2日に一回。彼女は気持ち悪いと恐怖におののく。彼女は恐怖と戦う覚悟を決めた。我々が撮影現場をとり押さえ、カードとビデオを押収し、念書を書かせた。テーブル下の彼女の脚の震えは止まることはなかった

 「悩みというものに基準はありません。誰にも話せない悩みと諦めないでください。解決の糸口を真剣に見つけ出します。それがGKイズムですから」と駒木代表取締役。

 *本文は依頼人の了承を得てプライバシーに配慮しています。写真はイメージです。文章とは関係ありません。

 

2022年1月10日月曜日

2022.1月10日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 

◇謹賀新年◇

 『真実は時に残酷なものです。

 しかし、真実を知る勇気なくして本当の幸せは来ないのです』

 GK探偵事務所では、他社でありがちな現場を知らない

スタッフだけで相談をうけることはありません。

現場最前線の探偵が直接悩みをお伺いします。

そのため調査の明確な説明と客観的かつ具体的な金額の提示が

できるのです。調査には必ず様々なリスクが伴いますが、

そのリスクについて十分に説明・同意をいただくことが基本です。

 昨年を振り返ると、悪徳業者にだまされた等との駆け込みが

いくつもあり、とても残念な想いをしました。

 【探偵選びのワンポイントアドバイス】

ネット上での巧みな宣伝文句や、「格安」等の宣伝文句に

惑わされることなく、必ず自分の目で信頼できる探偵かどうかを

見極めてください

 《実際の事例》

インターネットで、他の探偵会社の名前を利用して自社に

誘導するようなサイト。有料で自作自演のホームページを作成して、

自社を「ランキング1位」に評価し、他の探偵社を勝手に順位付けする。

相談者に「当社が一番」と思い込ませ、巧みに契約を迫る。

■GPSの位置情報のみで調査報告書や安さだけを売りにしている

「素人探偵」「悪徳探偵」

・値段が安かったので依頼したら、車両にGPSを装着するだけで、

車を乗り換えられたり、誤差があるなどの理由で、まったく証拠もとれずに、

多額の費用をとられた。

・浮気(不貞)の証拠にするために必要不可欠な映像の撮り方が

できていないため、お金をかけたのに、弁護士に「証拠にならない」

「裁判で勝てない」と言われた。

 【探偵としての信頼の証】

 弊社は認定が難しいとされている「警備業(第4号身辺警護)」の

許可を栃木県公安委員会から受けています。

この許可があることでDV被害者の警護や浮気相手との話し合いの

同行、ストーカー被害者の警護等依頼人の生活を守ることが

認められている唯一探偵社です。また、

GKは弁護士(栃木県・埼玉県・東京都)からの紹介が過半数を

占めるほど弁護士から信頼を寄せられています。

 

 

2021年12月27日月曜日

12月27日


 探偵シリーズバックナンバーより~

 

345「婚活パーティー…悪どい女」

 

 長男の交際相手のことで相談に来た50代の母親。

20年前に夫と死別し、息子2人を女手一つで育てあげた。

相談は33歳の長男の交際相手のこと。

 長男は地元の高校を卒業後、

精密部品製造の工場へ就職。真面目が取り柄で友達も少なく

これといった趣味もない。女性との恋愛経験も皆無。

次男は長男とは正反対で、既に結婚し2人の子を持つ。

母親は長男にも結婚をしてほしいと強く願っていた。

そんな時、「婚活パーティー」の案内を目にした。

長男に話す。拒絶覚悟だったが、母親の胸の内を話すと、

参加すると。それに向けて眼鏡をコンタクトに替え、

理髪店、洋服まですべて母親が同伴して印象を良くして

パーティーに参加。

帰宅した長男は「いい人とマッチングできた!」と。

そう話す長男に、うれしかったのはつかの間だった。

 その女性は4歳年上の37歳で、離婚歴はあるが

子どもはいないという。出身は千葉県で、小学6年の時、

父親の転勤を機に県内へ来て現在も両親と同居している。

仕事は大学を卒業後、一度教職に就いたが、

その環境になじめずに、現在は生命保険会社の

経理課で働いているという。明るく話す息子とは正反対に、

母親の心はその女性に対して、何か心の中がささくれ立った。

 一月ほどたった時、彼女を紹介したいと言ってきた。

正直、会いたくはなかったが、どんな女性なのかを

見るいい機会だと思いなおし、その女性に会った。

そこで母親は大きな違和感に包まれた。

とても37歳には見えないし、饒舌(じょうぜつ)で調子がいい。

正直落胆したとしか言いようがない。

長男が言うには、土日祝日は全て仕事という理由で

会ったこともなく、会うのは平日の夜に食事をするだけ。

息子が家に行きたいと言っても、父親の体調がよくないからと

お茶を濁される。交際して半年、息子は疑いもなく交際している。

 母親の疑念は消えることがない。

素性調査開始。確実に調査ができるように、

息子のデート日の情報を仕入れ、息子の退勤した後を追う

もちろん息子には秘密に進める。

ショッピングモールで待ち合わせ、女性はコートを購入し、

支払いは息子。その後、食事をして別れ女性が自分の車に

乗り込んだのは午後9時。女性を尾行する。向かった先は、

2階建ての古びたアパートの一室。

翌朝7時から張り込む。すると、中学校の制服に

身を包んだ女の子が出て来て自転車に乗り込む。

そして9時前にその女性が出て来て、生命保険会社に出勤した。

 その後の調査で、その女性は45歳で、

5年前に離婚をして娘と2人暮らし。

教職の経験も嘘で、仕事は生命保険会社の

経理課ではなく保険外交員だった。

後日報告。驚いたことに長男も一緒に来た。

2人は、調査映像を一言も言葉を発することもなく注視していた。

そして長男がポツリと口にした。「50万円貸している…」と。

 


2021年12月6日月曜日

12月6日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 

【悪徳・素人探偵の実態】

 近年、インターネットからの相談・依頼の需要が著しく増えています。

①優良な探偵を紹介するというサイト

②探偵のランキングをつけて自社を1番に評価しているサイト

③料金の安さばかりを強調している業者―。

その実態として、GK探偵事務所にも優良探偵として紹介サイトに

載せませんか? とか、評価サイトを作成しませんかという営業が

後を絶たない。また、調査スキルもないのに、調査料金の安さだけ

を売りにしている悪質探偵の実態は、実際には尾行をせずに車に

GPSをつけて尾行したように見せかけるというもの。

結局は車が駐車場にある写真だけで、調査対象者は

4時間ショッピングしていたという偽りの報告書など

ずさんなものばかり。

 最近、GKに寄せられた、相談者の声として、

 ◆夫の浮気調査をしたいと思いネットで検索して、

<1時間 2500円~>という調査料金の安さにひかれた。

指定された都内のタワーマンション1階のコーヒー店で、

結果的に100万円を超える契約になり、調査が終わったはずなのに

報告書も未だに来ない。携帯もつながらない。

消費生活相談センターにも相談したが、進展はない。

 ◆探偵会社を評価するサイトで、1番だった探偵に連絡をしたところ、

宇都宮の事務所は調査員の詰め所であり、相談は大宮まで来てほしいと

言われた。出向いたところ、ネットで表示されている金額と違いあまりにも

高額であり強引な契約を迫られたが、友人も一緒だったこともあり、

契約せずに事務所を出た。その後、営業の電話がたびたびかかって来る。

 

 ◇プロの探偵とは、調査対象者が不倫相手の車に乗り換えた場合でも、

車やバイクのテクニックを駆使して尾行し、尾行が露呈しないように

細心の注意を払いながら、時には大胆にその瞬間の映像を撮影。

その映像・報告書は、裁判になった場合においても、浮気(不貞)の証拠

として疎明できるものでなくてはなりません。GKは、

悪徳業者の撲滅を推進しています。

 こんな探偵社にご注意!

 ■ 安さを売りにしている探偵社

 実際に契約となるとあれこれと理由をつけて、結局高額な調査料金で

契約させられてしまう。必ず面談して、自分が最も

「信用できる」探偵社と契約するようにしてください。

 ■ 自作自演の比較サイトにお気をつけください

 探偵社の比較をしている団体、会社や個人は一切ありません。

全て自作自演で、自社に誘導しようとしている悪質なサイトです。

 

2021年12月1日水曜日

12月1日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 「あきれた妻のうらぎり」

 

 GKの創業以来懇意にしている弁護士からの相談。甥の妻が不倫している可能性が高いというもの。その弁護士と甥が連れ立って相談に来た。

 妻との間には3歳になる息子がいる。夫婦共働きで、夫はある工業団地で、妻は大手スーパーでそれぞれ正社員として働いている。ことの発端は、ささいなけんかだった。いつもはけんかしても2日もすれば自然ともとの関係に戻っていたのに、どうも今回ばかりは様子が違う。妻は夫の歩み寄りにかたくなな態度を崩さず、しびれをきらした夫が詰め寄ると「離婚したい。出て行ってほしい。実家に帰って」と。離婚届の用紙まで出してきた。結婚して6年。これまでにこんな妻の態度を目にしたことはなかった。息子の前で言い争いはしたくないと、夫はとりあえず家を出て友人宅に身を寄せた。

 しかし、なぜ妻が突然そういう態度になったのかまったく見当もつかない。妻の不在の日、家に入り年賀状と結婚式の座席表を照合して妻の職場の同僚の連絡先を3人メモした。その夜、その1人に連絡をとり事情を説明して何か知らないかと確認。すると、匿名を絶対的な条件として驚愕(きょうがく)の事実が伝えられた。妻は離婚歴のある一回り年上の男性と不倫していた。本人たちは気付かれていないと思っているが、歓送迎会の2次会の途中で2人がいなくなるなど、同僚のほとんどは気付いていたという。さらに、来週のシフトで同じ日に休みを取っていることを教えてくれた。

 夫には、信じられない告発だった。そして叔母である弁護士に相談した。「証拠を押さえ泣き寝入りはしない。真実と向き合う」と調査開始。妻とその男性が同じに休みを取っている日を調査日とした。午前7時50分、妻が息子を乗せて保育園へ。このまま出かけるのかと思いきや、一旦アパートへ戻り洗濯物を干すためベランダに顔を出す。張り込みしている探偵は妙な違和感を覚える。ベランダに出るドアを開放したまま中へ向かって話をしているようなのだ。するとあろうことか男性がベランダへ出て来て喫煙を始めたのである。夫からは妻には男の兄妹はいないと聞いている。昨夜から男はこのアパートに泊っていたことになる。夫を追い出してまだ1週間。大胆不敵な妻の行動には驚愕するしかなかった。それから2時間後妻と共に男は出て来た。妻の車で10分程度にある野球場の駐車場へ。男はそこに駐車してあった車に乗り換え妻と別れた。その後、男はパチンコ店に立ち寄り夕方に一軒家に帰宅した。後日の男の素性調査でそこは実家と判明。

 弁護士も夫もこの事実に怒りを通り越してあきれ果てたが、今後は徹底的に追及して社会的責任をとらせると事務所を後にした。

2021年11月26日金曜日

11月26日

 


探偵シリーズバックナンバーより~

 

融資先の突然の失踪! 依頼人の胸中は

 

 「人を捜してほしい…」と、60代後半の経営者が相談に来た。紳士然としていて、傲慢さなどはみじんもない。品格と知的さが漂っていて、話す口調も穏やか。依頼人は群馬県在住だが、足利の経営者仲間からGKを紹介されたと宇都宮まで足を運んでくれた。

 今から25年前、父親が経営する社員8人の金属研磨工場を引き継いだ。本人は大学院を修了後、都内の大手企業に勤務していたが、父親ががんに犯されたことを機に後を継いだ。当初は、古参の社員たちとうまくいかず、業績も悪化し倒産の危機に扮したこともある。しかし、地べたをはいつくばるように仕事に取り組んだ。何がそうさせたかと言えば、裕福な家庭ではないのに、朝から夜遅くまで油まみれになって、自分を都内の大学院を修了するまで資金援助をしてくれた両親への報恩感謝なのだと。そして、引き継いでから10年後には社員50人の株式会社に育て上げた。

 ことは半年前にさかのぼる。取引先は、東海地方の企業が8割を占めており、契約や受注に関する件は都内で行っている。接待は銀座のクラブがお決まりのパターン。そこで、2 年前、なじみのホステスに、ある40代の経営者を紹介された。職種的には、直接関係があるものではなかったが、その熱意は、父親の後を継いで必死にやっていた時の自分自身と重なり、意気投合して親密になった。そして、新規事業を展開したいので、3000万円融資してほしいと懇願され、その情熱に快く応じた。それから、半年は、返済は継続されていたが、突如まったく連絡が途絶えてしまった。都内の会社を訪ねてみたがもぬけの殻。本人と会いたい。そして、事情を聴きたいと。

 所在調査開始。元従業員にたどり着く。突然姿を消してしまったと元従業員はやり場のない怒りを私たちにぶつけてきた。さらに親族等くまなく2週間聞き込みを行うと、「沖縄県八重山諸島」というキーワードが色濃くなった。そしてついに、その島のマース(塩)の工場に勤務していることを突き止め、沖縄に飛び発見。そこで家族3人で慎ましい中にも穏やかな笑顔がある生活を送っていた。依頼人へ後日報告。その映像を見た依頼人は、一言も言葉を発することはなかった。その表情に怒りはなく、むしろ菩薩のような温かい表情だった。そして、手紙を送ると言って事務所を後にした。

 それからひと月後、GKに手紙が送られてきた。依頼人からだ。本人へ手紙を送付したところ、すぐに便箋10枚に及ぶ手紙の返送があった。そこには深い謝罪の念と、とても明らかには出来ない深く悲しい事情がつづられていたと記されていた。「お金の問題ではなく、ことの真相が分かって本当によかった」。依頼人の慈悲深い人柄に触れた調査だった。

 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。