2021年7月21日水曜日

7月21日

 探偵シリーズバックナンバー



「素人探偵に騙された妻の決断」

 

 【素人探偵の被害が後を絶たない。その実態はまるで「探偵ごっこ」。100万円近い金額を支払ったうえに届いたのが、お粗末な報告書。写真に日付も時間もない。ただ車に違法性の高いGPSを取り付けて100円パーキング等に駐車されている車の写真がある。何の証拠にもならない写真で報告書に厚みを持たせている。DVDもなく一連の調査が記録されたものもない。そんな被害にあった40代の妻が兄を伴って相談に来た。妻は、数年前から夫の浮気に悩んでいたが、一人息子の就職が決まるまではと心に決めて、夫に対しては、良き妻を演じて来た。息子の就職も決まってこれからは自分の人生を歩みたい。そのためには、浮気の証拠を掴んで、慰謝料・財産分与等有利に離婚を進めたいと調査を決断。夫はある工業団地の自動車関係の部品を製造する会社の管理職。同じ会社の女性と浮気していることは、夫と同じ会社に勤務している妻の中学の同級生の情報などでほぼ特定できた。相手の女性も既婚者である上に、その女性の夫は同じ会社で他県の事業所に単身赴任中。調査にあたり夫の行動を分析し、いつ女性と会うかその日時を想定する。夫はほぼ午後7時には帰宅している。休みの日も出かけることはない。つまり、夫は妻に隠れて有給休暇をとって女性と密会するというパターンにたどり着く。夫の会社の労務管理をしている女性と親しい妻の同級生に協力を仰ぎ、夫が「午後休」、その女性は「休暇」の金曜日に調査。1210分に車が出る。夫は高速道路を走り隣県のインターで降りる】

 そして15分程の場所にある大型ショッピングモールの屋上の駐車場へ乗り入れた。夫は降車して店内の1階のフードコートのあるレストランの前に並ぶ待合用の椅子に座りそこで合流した女性と店内へ入る。撮影した女性の顔を依頼人へ送り、同級生の女性に顔を確認してもらう。10分後、やはりこの女性は夫と同じ会社に勤務する既婚の女性だった。県内ナンバーの車を捜す。夫と同じ屋上に夫の車以外では該当する車が2台あった。そして、その1台の車は、フロントガラス中央部に、駐車許可証である会社のロゴマークのシールが添付してあり間違いなくこれが女性の車だと確信する。レストランを出た2人は、腕を組み店内をブラついた後、屋上の駐車場に来た。女の車のハザードランプが点灯する。運転席に夫が乗り込みラブホテルへ。夫は何食わぬ顔でいつものように午後7時に帰宅した。

 後日妻に報告。妻に悲壮感はなかった。夫との平穏無事な生活を装うことや素人探偵に騙されたことなど、精神的にも疲弊してきた妻の心が折れなかった強さに敬服するばかりである。

 (前回はホームページをご覧ください)

2021年7月7日水曜日

7月7日

 


探偵シリーズバックナンバーより

「妊娠検査薬妻の悪行②」

【都内の弁護士からの電話。栃木県内に住む息子の嫁のこと。息子と嫁は共に30 代半ばで、結婚5 年目で子供はいない。嫁は20歳の時ミス〇〇としてイベント活動に活躍、その後クラブのキャストとして働き、音楽にも堪能でアマチュアバンドからも数多くの声がかかった。勤務医の息子は、製薬会社の接待でそのクラブへ行って知り合い結婚。父親である弁護士は、結婚に大反対してきた。嫁は離婚経験があり、結婚後クラブは辞めるが音楽活動はしていきたいと。嫁は息子本人というより、医者という職業目当ての結婚であることはだれの目からも明らかだったと憤る。しかし、勝手に籍を入れてしまった。当然、息子夫婦との関係も疎遠になったが、その息子が、父親にSOS を送ってきた。

 後日息子が訪ねて来た。真面目で控えめな人物だった。妻の行動は、土曜日のほとんどはバンド活動とその打ち上げで帰宅は朝方。平日も24 時間営業のジムに行ってくると、息子が帰宅してからも出かけることも多い。子供は欲しくないと夫婦関係もない。2 年前から寝室も別になった。もう限界と思った矢先、自責の念に駆られながらも妻のいないときに部屋に。そこで見つけてしまった「妊娠検査薬」

 息子が帰宅した21時。嫁はこれからジムへ行くと出かけた。車で10 分、着いた先は大型銭湯の駐車場。出入り口の近くが空いているのに、わざわざ死角になるようなフェンスのそばに止める。10 分経過しても降りない。すると1 台のワゴンが止まる。妻は助手席へ乗り込み車は発進。その車を尾行する。妻が運転席の男性の肩にずっともたれかかる様子がわかる。そして、戸建てのラブホテルへ。

 不貞行為の立証のため、探偵の1 人は、妻が入室した部屋のドアの開け閉めの映像が撮影できる向かいの部屋に入室する。部屋を暗くしてベッド上部の窓を数センチ開けてカメラをセットする。残りの尾行車両とバイクは、男性の居住場所を判明させるための尾行に備える。入室してから4 時間後、男性がドアを開け、すぐ後ろに濡れた髪のままの妻の姿があった。車は妻を乗せた駐車場に止まったが、暗闇でまったく中の様子が撮影できない。探偵の1 人は車の死角になるよう近づき、暗闇でも撮影可能なオーロラナイトビジョンという機器を使い撮影に成功。そこには抱き合う二人の姿があった。1 時間後、妻は自分の車に戻った。男性をバイクと車で尾行する。そこから20分。ある1 軒屋に姿を消した。この行動が週2 回継続している事が判明。依頼人へ報告。映像で男の顔を見た瞬間、驚愕(きょうがく)の事実が。妻の相手は依頼人もよく知る人物だった。

(前回はホームページをご覧ください)

 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

 

探偵選びのワンポイントアドバイス

【有料で自作自演のサイトを作成して、自社を「ランキング1 位」に評価し、他の探偵社を勝手に順位付けをする】

・ネット上での巧みな宣伝文句に惑わされることなく、必ず自分の目で信頼できる探偵かどうかを見極めてください。

 

2021年7月2日金曜日

7月2日

 


探偵シリーズバックナンバーより

妊娠検査薬妻の悪行①」

 

 6 月某日、都内の弁護士からの電話。GKとは以前から多種多様の事案について連携して仕事をしている間柄。その内容は栃木県内に住む息子の嫁のことだった。

 先日、息子から我慢の限界という連絡が。それは息子の妻の素行。息子と嫁は共に30 代半ば、結婚5年目で子供はいない。その嫁は20 歳の時にミス〇〇として、行政のイベントなどのPR 活動に従事しており、その美しさは地元で少しは知られていた女性だった。その活動を辞めてから、県内では高級店とされるクラブのキャストとして働く一方、音楽の才能もありアマチュアバンドからも数多くの声が掛かった。息子は隣県の病院の勤務医で、製薬会社の接待でその店へ行き知り合い、1年程の交際を経て結婚。

 父親である弁護士は、息子の結婚には大反対してきたと、時折怒りを抑えきれないようにその経緯を話した。嫁は離婚経験があり、結婚後クラブは辞めるが音楽活動は続けたいと。息子は地味な医師で、唯一の趣味はサッカー観戦。嫁は息子本人というより、医者という職業ありきの結婚であることは明らかだったと憤る。さんざん息子には説得を試みたが、勝手に籍を入れてしまった。当然、息子夫婦との関係も疎遠になり、年に1回しか顔を見せないような状態が続いていた。

 その息子が意を決し父親にSOS を送ってきたということは、よほどつらいのだろうと息子を全面的にバックアップすることに。そこには、文句を言いながらも息子との関係が修復でき、父親として頼られたという喜びが伝わってきた。後日息子が訪ねて来た。度の強い眼鏡をかけ服装にも無頓着な、真面目で控えめな人物がいた。見せられた写真は今でいう「美魔女」と称されるような美しい女性だった。妻の行動は、土曜日のほとんどはバンド活動とその打ち上げで帰宅は朝方。平日も24 時間営業のジムに、息子が帰宅してからも出かけることも多い。子供は欲しくないと夫婦関係もまったくない。一緒に食事をとることも週に1 回あればいい方。2 年前から寝室も別に。病院の夜勤明けの時、昼間に帰宅しても妻は寝ている。働くこともなく、ただ自由を謳歌(おうか)して、服飾やら何やらと浪費も激しい。もう限界だと思った時、自責の念に駆られながらも妻の部屋に入った。そこで見つけてしまった「妊娠検査薬」。頭が真っ白になる。息子は世間に疎く、浮気はテレビドラマなどが誇張しているだけだと妻を疑わなかったが、このままでは精神的に持たないとつぶやいた。

 調査開始。美魔女としてもてはやされる一人の女としての、妻の驚愕(きょうがく)の行動が明らかになっていく…。

 (次回に続く)

 

2021年6月28日月曜日

6月28日

 


探偵シリーズバックナンバーより

「『洗脳された息子』生真面目人間の落とし穴」

 

 母親が息子の部屋を掃除していた時に見つけた一通の封筒。花柄模様の封筒だった。息子に悪いと感じながらも中を見てしまった。女性の字で書かれていたことは…。

 県南から相談に来た両親。あいさつする間もなく、その封筒を渡された。そこには、「母の入院治療費用として、800万円お借りします…」と。借用書のつもりなのか?息子は32歳、独身。地元の工業高校を卒業後、ある工場の生産現場一筋で真面目に働いてきた。酒も飲まず、たばこもやらない。女性と交際したこともない。両親の相談はこのことを息子に追及したいが、真偽を見極めることもできないし、本当ならこの先どうしていいかということ。

 後日、GKスタッフと息子二人だけで話し合う段取りをつける。面会の日、息子は不安げでもなく、悪びれた様子もなく、「結婚の約束をしてますから」と前置きし、淡々と事の経緯を話してくれた。

 半年前、ある風俗店に行ったという。女性と肌を重ねたのはこれが初めての経験だった。その女性に夢中になり、通い詰めて10回目ぐらいのとき、身の上話をされた。店を辞めたいけど、母が難病で、都内の特別な病院に転院が必要で膨大な費用がかかる。風俗はお金になるけど、体がつらい。あなたの奥さんになれたらいいのにと泣き崩れた。

 息子は、愛する彼女のために800万円は貸したのは当然のことと信じきっている。その彼女と会っているのかという質問にも、都内の病院で母親を看病しているから会えるわけない、と言い切る息子。だまされているのは火を見るよりあきらかだが、信じて半ば洗脳されている者にたいして、頭ごなしに否定すれば、反感を買い情報を引き出せない。同調する役割を演じ、携帯に写した女性の顔が確認できた。そして、息子の目を覚まさせるために、内緒で彼女の素性を調査することに。

 わずかな手掛かりながら、なんとか居場所が判明。隣県のアパートで男と同棲(どうせい)していた。明らかに一般人とは違う危険な雰囲気をまとった男。毎日のように二人でパチコン店に通いつめている。母親の入院も真っ赤なうそ。年齢も氏名もうそ。この実態を息子に突きつければ、目をさまし、場合によっては警察への被害届を出すことを視野に入れられると、親とともに説明した。しかし期待はもろくも崩れた。「この写真もビデオも何かの間違いですよ。彼女がうそをつくわけがないでしょ。だって、結婚の約束もしてるんだから」とまったく意にかえさない。

 携帯に電話を入れてみろと父親に詰められても、病院内だから電話しないように言われてると自室に戻ってしまった。そこには、茫然自失の両親とあらためてだまされる者の怖さを知った我々が残された…。

 *本文は依頼人の了承を得てプライバシーに配慮しています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

2021年6月25日金曜日

6月25日

 


探偵シリーズバックナンバーより

『投資詐欺』失われた退職金

 

 「息子が5歳の時、女をつくって家を出た夫。昼間は医療機関の団体職員として、夜はパチンコ店の清掃をしながら子どもを育て上げ、息子は有名私立大学を卒業し金融機関に就職した。しかし、嫁との軋轢(あつれき)から、息子夫婦は5年間帰省もしない。老後は息子に頼らず一人で生き抜くと利殖を考えていた矢先、その営業マンの優しさに結局、退職金の2千万円を預けた。警察や弁護士などに相談しても詐欺としての立件は難しいと言われ、揚げ句の果てにもうけ話に乗ったあなたも悪いと言われた…」(前回より)」

 途方に暮れた。私の何が悪いのか。誰一人として味方になどなってくれない。見え透いた同情だけ。疎遠になっている息子に話せるわけがない。

 GKは、以前放映されていたテレビ朝日の「あなたに逢いたい」でレギュラーを務めていた。人探しは誰にも負けないという自負がある。しかし、その営業マンの手がかりは名刺だけ。見つからなかった場合のリスクも十分説明したが、やってほしいと着手金も持参してきた。依頼人の並々ならぬ覚悟を感じた。GK探偵グループの総力を挙げた捜索が始まった。

 そこで着目したのが、その名前だ。苗字はありきたりだが、名前は変わっている。こういう投資詐欺の場合、名前だけは正直に名刺に織り込むケースが多い。それは、免許証の提示などを求められる場合も多いからだ。その名前だけをたよりにあらゆる手段を駆使して捜索した。それから2カ月後、ようやく同姓同名の男の足取りをつかむことができた。埼玉県の分譲マンションにいることが判明した。

 3日間かけてようやくその営業マンの姿をとらえることができた。その男の容姿は依頼人の記憶にある男の特徴と一致、後日、依頼人に映像を見てもらう。「この男です」と3度も口にした。探偵冥利(みょうり)に尽きるのもつかの間、当初、依頼人は、話に出向きたいから警護(ボディガート)として同行してほしいとの要望だった。その話を進めようしたとき、「これでやっと気持ちが落ち着きました。許せない気持ちは払拭(ふっしょく)できませんが、誰にも相手にしてもらえなかった私の話を聞いてくれて、真剣に取り組んでもらえました。私の怒りや思いを受け止めてくれたことが何よりもうれしいのです。幸い体も丈夫なので、働き口を見つけます…」と事務所を後にした。

 私たちにかけられる言葉は見つからなかった。きっと、その営業マンの姿と、同年代の息子の姿とが重なり合ってしまったのかもしれない。優しさに飢えていたのかもしれない。私たちはそう思いをはせることしかできなかった。

 (前回はホームページをご覧ください)

 *本文は依頼人の了承を得てプライバシーに配慮しています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。

 

2021年6月21日月曜日

6月21日

 


探偵シリーズバックナンバーより

「『投資詐欺』失われた退職金

 

 「投資の話に退職金をつぎこんでしまった」と、県北に住む60代の女性。警察を含めあらゆる行政機関に相談しても詐欺としての立件は難しいといわれた。揚げ句の果てにはもうけ話に乗ったあなたが悪いというような言葉を浴びせられたという。

 弁護士に相談しても、相手の所在が分からないのでは、なすすべがないと言われた。そんな時、タウンページで見つけた調査会社に調査を依頼した。わらにもすがる思いだった。しかし、大金を取られた揚げ句、その会社は存在しないというだけの、杜撰(ずさん)な報告書が送られてきただけだったという。相談を聞く私たちにも、その怒りは容赦なくぶつけられた。

 この女性は、医療関係の団体職員として40数年勤務し、昨年の3月末に定年を迎えた。退職金の額は2千万円を超える。息子が5歳の時、夫は女をつくって家を出た。泣き言は絶対に言わない。女手ひとつで、子どもを育て上げた。会社には内緒で夜はパチンコ店の清掃の仕事をして必死に働き、ひとり息子は都内の有名私立大学を卒業し金融機関に就職することができた。

 そして、大阪の支店に配属されて間もなく、結婚したいと女性を連れてきたが、人を見下すような態度、言葉遣いに目を疑った。結局、息子に嫌われたくない一心で、女性とは作り笑顔で付き合い、息子は母親の気持ちを察することなく結婚した。

 そして、5年前の正月のこと、嫁の振る舞いに我慢の限界を超え大げんかになった。母親を擁護することもなく、息子は嫁と大阪に帰ってしまった。それ以来、帰省することはない。

 老後は息子には絶対に頼らず生活をする、と心に決めた。女性の平均寿命と退職金と年金を計算し、利殖をして資金を増やしたいと考えていた矢先、そこに現れた投資会社の営業マン。見た目も良く、よく話を聞いてくれた。これまでの人生や息子のことなどすべてを優しいまなざしで、時には涙を浮かべてまで聞いてくれた。一切、営業の勧誘はなかった。次第に心を開き、初めての訪問から10回目に、こちらから投資すると言った。営業マンは信じてくれてありがとうございます、と目を潤ませ何度も何度も頭を下げた。退職金の半分を振り込んだ。

 翌月末、想像を超えた高配当が振り込まれるようになった。半年を過ぎたころ、すっかり信用し、残りの1千万円も言われるがまま預けた。そして、配当金は振り込まれなくなり、電話も一切つながらなくなってしまった…。

 なぜ、こんなひどい目に遭わなければならないのか。依頼人は人目もはばからず号泣した。絶対に許してはいけない。GKグループの総力を挙げた捜索が始まった。

 (次回に続く)

 *本文は依頼人の了承を得てプライバシーに配慮しています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じます。


 

2021年6月14日月曜日

6月14日

 


探偵シリーズバックナンバーより

「消えた母親…暴力からの逃避」

 

 テレビ局からの電話。「30年前に姿を消した母親を捜してほしい」と直訴の手紙が届いた。このTV局は10年程前に、GKの浮気調査のドキュメントを放映。それから懇意にしていて、探偵ドラマや番組企画の相談等をしてくる。

 手紙の主は、山陰地方に住む40歳の男性。本人が10歳、兄が12歳の時に母親がいなくなってしまった。それから父親方の祖父母などに育てられた。普通であれば、母親に捨てられることほど子供心に深く傷を植え付けるものはないと思うが、「捨てられたという恨みはまったくない」と書かれている。「母親に逃げてほしいと思っていたから」と。母親は早くに身寄りをなくし農家に嫁いだ。父親は酒乱で酒を飲むと理不尽な言いがかりをつけて母親に暴力を振るった。酒乱だけでなく、母親を見下したように何かにつけて怒鳴り散らし手を上げていたという。祖父母も嫁いびりが激しく、暴力を振るう父親をたしなめたことは一度もなかった。そんな思いから、幼心に母親には逃げてほしいと願っていたのだと。

 母親が家を出て3 年後、兄が交通事故で亡くなった。父親はその辛さ寂しさのすべてを母親が家出したことへ転化し、何があっても籍は抜かない、絶対許さないと怒った。何度となく捜したいと思っていたが、万が一父の知るところになったらと思うと捜すことはできなかった。最後に、「母に恨みなどまったくありません。元気で幸せに暮らしていたなら、それが一番です。でも、生活に困窮しているようであれば、手を差し伸べたい。私が会うことで現在の生活に少しでも迷惑がかかるようであれば、様子を教えてくれるだけでいいのです。天国へ行っていたとしたら、そっとお墓参りをしたい。その時はお墓の場所が知りたいのです」と記されていたという。

 TV局の担当者は、この内容に心を打たれ、TVで放映するという前提で企画しているので行方を捜してほしいと。1カ月の調査を経て、茨城県の山間部に暮らしていることが判明した。写真を撮る。局へ見せたところ、息子とはうり二つだと。その後、生活の状況を探ると、同年代の男性と暮らしていた。2人で家庭菜園の手入れをしたり、買い物に出かけたりと仲むつまじい様子がうかがえた。ここからが大きな正念場になる。男性と暮らしている以上、母親の過去が今の生活に水を差してしまわないように細心の注意を払わなくてはならない。事情をこの男性が知っているのか否かで、母親に対するアプローチが異なってくるからだ。その後の調査でそれは杞憂(きゆう)に終わった。実はその男性こそ、母親を地獄の暴力から救ってくれた、身近にいた人だったからだ。10日後にいよいよ面談が叶う。私たちはただ母子の幸せを願うだけである。

 *本文はいくつかの事例を基に構成されています。盗用・無断転用・無断転載を一切禁じ